日帰り白内障手術


白内障(はくないしょう)とは

眼の中には、水晶体というレンズがありますが、この部分がいろいろな理由で白く濁ってくる状態が白内障です。
白内障の原因の最も多いものは加齢現象によるもので、一般に老人性白内障と呼ばれるものです。早い人では40歳台からはじまり、60歳台以降では詳しく検査すれば大部分の人が白内障になっています。その他に外傷によるもの、他の眼の病気に続いて起こるもの、薬物中毒によるもの、先天性のものなどがあります。水晶体が濁り始めると、ものがかすんだり、二重に見えたり、まぶしく見えたりし、進行すれば徐々に視力が低下します。

白内障手術はいつ受ければいいのか?

白内障の点眼薬による治療では現時点では視力の改善までは期待できず、若干進行を遅らせる薬と思った方がいいと思います。視力、見え方の質の『改善』を期待するのであれば、手術治療の適応となります。
現在の白内障手術は、技術的には白内障の進行度合いに関わらず、ほぼいつでも可能です。いつ手術をするかは、患者さん自身が手術を必要とするようになった時、ということです。例えば、運転が業務の方で白内障による霞み目、まぶしさで仕事に危険を感じる方などは、裸眼視力が1.0以上あったとしても手術を行うケースもありますし、逆にたとえ視力が0.5以下に低下していても、殆ど家の中にいるお年寄りの中には「私は全然不自由はないですよ」という方もおられ、そのような方にはあえて早めの手術をお勧めはしません。ただ、あまりご高齢になって通院さえ困難になり、手術を受けること自体が難しい全身状態になった時にほとんど見えなくなっていると、患者さんご自身やご家族にとっても、生活や介護をする上で非常に困ることになりますので、ある程度進んだ白内障があれば、体が少しでも元気なうちに手術を受けられるようにアドバイスすることもあります。

当院での白内障手術

当院は『合併症が少ない、安全確実な手術』を最優先に考えています。多数例を手術するために手術時間を短縮するための術式や、安全性がたとえごくわずかでも他の術式に劣るという報告がある術式は採用しません。具体的には、結膜切開、強角膜切開による超音波乳化吸引術、眼内レンズは折り曲げ可能なアクリル製眼内レンズを全例に挿入します。手術時間は通常、約15分以内です。

現在、当院では患者さんの眼の状態に応じて、医学的に最適と思われる複数の眼内レンズ(乱視矯正のためのトーリックレンズを含む)を症例ごとに使い分けて使用しています。また、ご希望によっては多焦点眼内レンズ(健康保険適応外)も選択できますが、個々の患者さんの眼の状態によって適不適がありますので、術前検査を受けていただいた上でご相談ください。

『先進医療』実施施設として承認されました

平成29年9月1日付けで、当院は「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」を先進医療として実施する医療機関として承認されました。先進医療とは、厚生労働省が定める高度な医療技術を用いた治療のことで、将来的に健康保険等の適用が検討されている技術のことをいいます。すなわち、現時点では「健康保険が適用されない治療」ということで、手術費用(眼内レンズ代金を含む)だけは全額自己負担となります。

また、ご自分で民間の生命保険などに加入しておられる方で、「先進医療給付特約」を付けて契約しておられる場合は、先進医療承認施設で手術を受けられた場合、自己負担分が生命保険から給付されます(手術証明書などの記載が必要)。

日帰り手術について

白内障手術は、切開創がわずか3mm以下で行う、短時間で安全性の高い手術に洗練されてきたため、入院の必要性はほとんどありません。当院では、全例を日帰り手術で行っています。
ただし、以下のようなケースでは入院手術をお勧めする場合もあり、ご相談の上、適切な入院可能な総合病院などを紹介することがあります。
 1.内科的に不安定な重度の心疾患などをお持ちで、入院して手術前後の全身管理が必要と判断される場合。
 2.もう片方の眼が何らかの理由で失明に近い状態で、術後に眼帯をしたままでの移動が危険な場合。
 3.白内障以外の重大な眼の疾患があり、白内障手術以外の複数の同時手術が予想され、術後安静が望ましい場合。

また、自宅が遠方で術直後の頻繁な通院が難しい場合や、お一人暮らしの方で術直後の生活(食事の用意など)に不安を感じられる方などには、提携病院での短期入院(当院での手術直後から2泊3日程度で、病院からの送迎付きで当院に通院)もご案内できますので、お気軽にご相談ください。

facebookオフィシャルページ